ブライダルネイルについてのまとめ

スポンサーリンク 

ブライダルネイルについてのまとめ

 

 

ソフトとハードがあります。

 

ブライダルネイルの主流です。

 

水あめのように柔らかな液体です。

 

自分の爪に液体を盛ったような感じで、ガラスのように透明で色もつやも美しく輝きます。

 

爪への負担が軽くて済むので爪が弱い方もダメージが少ないですね。

 

UVライトを使って乾かしますので完全に乾くのが早いです。(硬化)

 

チップのように外れる心配がありませんので、結婚式の後にすぐネイルを取らなくても良い方に向いています。

 

デザインも幅広くいろいろあります。

 

ソフトジェルネイルは2−3週間ぐらいもちます。

 

ハードジェルは約1か月ぐらい持ちます。

 

ソフトジェルは専用の溶液で落とします。

 

ハードジェルは削って落とします。

 

ソフトジェルもハードジェルも通常はサロンで落とします。

 

 

結婚式の2日ぐらい前にサロンに行かなくてはならないので時間を作る必要があります。

 

 

スカルプのように長さ出しができません。

 

 

 

爪の長さを出すにはスカルプチュアを!

 

自分の爪より長い爪にするときに人工の爪を作り長さを出す方法です。

 

 

長さを出す時に使う素材がアクリル樹脂の場合はアクリルスカルプチュアといいます。

 

長さをジェルで行う場合をジェルスカルプチュアといいます。

 

 

スカルプチュアは強度があるので仕事上爪を長くできないが結婚式などロングネイルをしたいという方に向いています。

 

自分の好みのデザインや形を自由にアレンジすることもできます。

 

 

チップのようにすぐ取り外すことができません。

 

 

スカルプチュアをするには、サロンにもよりますが2時間ぐらいはかかります。

 

 

ジェルネイルよりも強度がありますので爪へのダメージは高くなります。

 

 

ジェルスカルプチュアは出す長さに、限界があります。

 

スカルプチュアのオフ(落とす)時は溶液につけて落としたり、削って落としたりします。サロンで落とすのが通常です。

 

 

チップは1日位で外しましょう。

 

チップは付けたり外したりが簡単のできるつけ爪のことです。

 

 

ネイル専用の強力な両面テープや接着剤などを使って装着します。

 

 

チップをブライダル記念に保存しておきたい方は両面テープを使います。

 

 

取り外しができるので、結婚式を終えたらすぐにネイルを落としたいとか、新婚旅行にネイルをしていきたくない方に向いています。

 

 

既製品もデザインや種類がいろいろでていますが、10本の爪のサイズをはかったり、細かい処理したりすることを考えると自分の爪に合うチップをオーダーした方が得策です。

 

不安な点は納得がいくまでサロンやネイリストさんとご相談しましょう。

 

 

式の最中にチップが外れることや、紛失がご心配ならば予備のチップを用意するというのもひとつの安心にはなりますが、オーダーしたチップなら自分の爪のサイズとチップのサイズ、そしてカーブが合っているので外れることが少ないです。

 

チップは1日で外します。

 

長くはつけられません、爪を痛めたりかびなどの心配もあります、1日が限度です。

 

接着剤を使う場合は専用の溶液で落としますのでチップも溶けるので、保存がきかないです。